コミティア121 

    カテゴリ:わりとどうでもいい日常

    去年の10月にも似たようなこと(ココ)書いたですけども・・・
    「それが現実だ」とダーリンに言われると、
    「それはそうだけどここは励ましてよ!」とか
    普段ならする逆ギレさえする元気がないくらいヘコんだしだい。
    やっぱコミティアの方が刺激うけるです。
    みんな創作だからかな。
    なんかこう、会場のエネルギーの種類がコミケとは違う感じ。
    これがクールジャパンの底支えなのかな、みたいな。

    100%私事ですけども、
    来年の2月から勤務時間を大幅に減らさせていただくことで会社ともハナシがついて、
    創作に費やす時間を確保したんですけども、
    去年も自分で書いてるけど、絵が上手な人、素敵な世界観のひと
    世の中にはゴマンといて、
    それでも自分でお話書いて人に読んで欲しいなとおもったら、
    自分の書きたいモノだけ書いてたんじゃやっていけないんだろうねって、思う。
    ふつうに他の仕事とおなじですよね。
    書きたいことだけ書く選択ももちろんありでしょうけど、
    それでは時間が足りないなって、思ったわけだから。

    まろんのオンリーワン、なんだろう。
    自分は一事が万事、そうなんだけど
    新しいものをどんどん探して開拓していくタイプじゃないです。
    食べ物屋さんも馴染みのお店ばっかりいくし、化粧品もシャンプーも
    一度使い始めると廃盤になるまで使い続けるタイプ。
    マンガやアニメも、新しい作品に手を出すこと自体が少なくて
    そのかわりハマるとトコトンな感じ。
    週刊誌読まなかったし、
    ダメもとで試し読み的に1巻だけ買う、とかやるようになったの、わりと最近。
    そういう自分が書くものだから、
    100人のちらっと読んでくれる人よりも
    10人の何度も読んでくれる人を意識して書いた方がいいんだろうなって、思ってます。
    独りよがりって言われても、
    「まろんの作品のそのヘンなところ好き」
    って言われて上等だと思いたい。
    貧乏でもなんでも
    それで自分の納得ずくで創作活動ができるなら
    理不尽なこと9割であたりまえな会社員続けるより何倍も嬉しいもの。
    ・・・すいません、自分に言い聞かせてマス。

    それにしても、どの世界にもすごいひとって、ほんとう沢山いる。
    そう感じるほど、そっか月夜眠のファンブックばっか書いてる場合じゃないのかも、と。
    自分のアタマのなかにぼんやりとある
    「書きたいもの」
    を形にしていこう、と。
    決意をあらたにしたのでした。

    近況報告 

    カテゴリ:作品のこと

    台湾に旅行に行ってきたんです。
    ダーリンと友達5人で。
    4泊5日で予定ばっちり組んで、それなりに臨機にこなして
    DSC_0717.jpg
    九扮にも行けました
    DSC_0749.jpg
    前日の下見で撮ったイベント看板

    ところがですね、ご存じかわかりませんが、
    台湾気象台始まって以来という双子台風(24時間以内に上陸)が発生しやがりまして
    台湾市政府「停班停課」発令されまして
    私たちが参加する二日目はイベント中止になりました。
    すなわち、
    今回の旅行メインイベントが唯一スケジュール未消化に終わった
    というワケでござる。
    DSC_0795.jpg
    空襲か!?という窓ガラス防護
    IMG_4535.jpg
    惨状の一部。

    でも
    『台湾の台風を体験したい!』
    と思っても狙って行けるわけじゃなし、千載一遇の体験をしたよね!?
    と思って見ると、これはこれでよかったとおもいました。
    ま、メンバー誰もケガしなかったし、飛行機は予定通りだったし帰れたし、
    だから言えることですけれども。
    いやほんとすごいんだもの。風が。私は東日本の台風しか知らなかったからよけいかもだけど。
    アーケードからアーケードの間の道路を渡るときが
    まるで地吹雪の合間を縫って
    「ヨシッ!いまだ渡れ!」
    の気分なんだもの。
    じっさい中部南部東部は
    「24時間の累計降雨量が1200mm」ってはあああっ!?
    っていうくらいであちこち冠水被害で大変だったそうでお悔やみ申し上げるんですけども
    でもちゃんと観光客としてお金は落としてきましたし、義務は果たせたかと思うです。
    そんで、また行きたいと思います。
    DSC_0790.jpg
    ↑暴風の夜にホテルで見てたテレビ。女の子が体当たりリポートしてるとこは日本の'80年代ちっくですね。

    冬コミまでに旅行記も描きたい。旅行記ぽくなくなるかもだけど。
    思うこと感じたこといっぱいあったんです。
    以前四川や崑山行ったときは、尖閣問題の時期だったこともあって
    「日本人?はあ?」
    みたいな目でみられることばっかだったんだけど、
    台北はとっても日本人にフレンドリーなんです。ほんとうに。
    夜市とか台北駅地下とか有名どころのマンゴーかき氷店とかアニメイトはいうまでもなく、
    街角の食堂や朝市のおばさんまでカタコト日本語しゃべってくれるし
    新北投の温泉街では
    「日本人?あーボク小学校で日本語ならったね。うた歌えるよ~」
    「先生にとってもお世話になったね」
    みたいなひとばっかりに巡り会って
    この差はなんなんだろうと思わずにいられない。
    自分はそんな感謝されることちっともしてないのに
    「日本人」っていうだけでこんなにフレンドリーにされるのはどうしてなんだろう。
    昔の日本人と台湾人になにがあったんだろう、中国人となにがあったんだろう、
    それを知りたい。だから台湾のひとと仲良くなりたい。
    だから中国語覚えたい(台湾語は文字がないらしいので覚えようがないとあきらめた)
    日本のなかだけにいて、加計がどーの豊洲がどーのと
    身内でいがみ合ってる場合じゃないだろう、
    世界はほんとに広いんだ。
    そう思わずにいられない。。。

    FF30サークル紹介
    FF30サークル紹介1
    ↑311地震の寄付の御礼にこんなチラシもつくっていったけど活躍する場無し(涙

    ☆ミ

    そして先日はコミケお疲れ様でした。
    今回もたくさんのかたに来ていただけてほんとうにうれしかったです。
    「かわいい絵だ」なんて言っていただけるのが
    ほんとうにほんとうに「よっしゃ描くぞ!」ってエネルギーになりますです。
    嬉しすぎて涙がでちゃいます。
    ぐすん。
    ちょっとね、月夜眠さんが血液の糖などで体調不如意だもんで
    なかなか創作活動も思うに任せないところがあって
    本人も私も歯がゆいところで
    だから今回も月夜眠の小説を楽しみにしていたかたには
    「またマンガだけ?」
    とガッカリさせてしまったほんと申しわけありませんでした。
    けれど二人の作風が違うのはもうどうしようもないことなので
    それはそれとして、まろんとして描きたいことをマンガにして
    それを「いいね!」と言っていただける方に楽しんでいただけたらもう最高!
    だからどんどん描いていきたいな、いこう!
    と決意を新たにしたC92なのでした。

    今週末はティア121にも参加します。
    御用とお急ぎでなかったら
    どうぞお立ち寄り下さいませ。
    (新刊は沢山在庫がございますw)

    イベント盛りだくさん 

    カテゴリ:作品のこと

    夏コミ新刊速報です。
    いずれも原作月夜眠のマンガ化です。
    GWtopPRr.jpgB5版42ページ

    どうも自分が書くと「女装もの」っていうよりショタくさくなる気がするんですが
    「女の子になりたい男の子」と「かわいい男の子が好きな女の人」の両方の目線がはいってて
    自分的には2倍楽しめてる感じです。
    自分で言うのもなんですが。

    openedgatepixivtop_rev2r.jpg18cm182ページ

    おかげさまで最後までたどりつきました。
    さいしょのほうとか、拙い絵にもほどがあるのでどうしようか悩んだんですが
    やっぱり160ページ以上描ききった初めての作品なので
    単行本ぽく一冊にまとめて夏コミに出させていただこうと思います。
    表紙もカバー用に少し直しました。
    紙も「OKアドニスラフ」っていう、マンガ単行本ぽい紙にしましたので
    けっこうそれっぽい感じの仕上がりかと思います。

    C92 3日目(13日)東Q19b、
    COMITIA121 20日ふ26a
    それぞれ参加します。
    お立ち寄りいただけるとうれしいです。


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.