君の名バレンタ第7話 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    箇条書きに。

    ・第7話遅れてます。
    theopenedgat07-08(1).jpg
    theopenedgat07-13(1).jpg

    なんか、髪の毛の毛束と、顔とか腕とかの筋肉がつかめるよーになった気がして、コマあたりのペン入れの量が激増しました。
    いままでが少なすぎたんですけども。
    ペン入れが楽しくなってきましたです。
    まあ、カーラ教授だって初期の作品の前髪ぱやぱやだし。
    誰にでもはじめはあるのだ。
    うむ!
    そして下書きが速くなった(気がする)よ!
    地球大進化!!

    ・バレンタインデー
    20170212DSC_0542.jpg
    今年も性懲りもなくつくったです。
    時間がないのでクッキーやめました。
    で、またぞろガトーショコラってのも芸がないとおもって
    はじめてのレシピ二種類ほどつくってみた。
    味は・・・・お楽しみに(汗

    ・君の名は
    先々週ダーリンとふたりで見てきたです。
    「この世界の片隅で」も見たかったけど、ダーが乗り気でなかったので「君の名は」に。
    うん、ひさびさに見応えのあるアニメでした。
    鑑賞後の、適度な『謎残し感』てだいじだとおもうの。
    あのキャラはこう考えたのかな、いや、ああ考えたのかな、
    みたいな。
    そういう作品、じぶんもつくりたいです。
    勧善懲悪わかりやすくて見てスッキリ1時間後には覚えてもいない、
    みたいなんじゃ、作品がかわいそうじゃん。
    ていうか、つくった自分がかわいそうw
    ちなみに、まろんが見に行った時間、
    小学生の友達同士ぽいグループが何組かいたんだけど
    あの展開は高学年でも難しいとおもうんだけど、
    でも見たくなる作品、っていうことなのかな。
    うーん、それってすごいな。

    新年快樂! 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    あけましておめでとうございます!
    2017年ですって!わお!西暦だけ見ると ものっそい未来な気がする!
    去年「ISSが軌道エレベーターの実験始めた!」と聞いて
    「すわ!東海道リニアより先に実現する!?」とか小躍りしてたまろんです。
    まだまだ材料の実験レベルと聞いてテンション下がりましたけれど、いいんです、
    千里の道も一歩から、ですもんね!

    ↓対オンライン年賀状
    2017nyr2.jpg

    C91ではたくさんのかたにブースご来訪いただきましてありがとうございました。
    「あ、新刊って漫画なんだ」
    と仰られる方が多くて、ちょっと説明不足で失礼しました。
    冬コミは間に合いませんでしたが月夜眠さんの新作はちゃんとすすんでるそーです。
    もう少しお待ち下さいませ(^^;

    昨年は年末ごろに裁断機とA3プリンタを更新したりしましたので、
    「まろん工房」も今年は
    『素人製本なのでゴメンナサイ』
    という言い分けなしに、本を作れるようにいたしますです。

    web「ゆっこの不思議な部屋」も'15年2月にリニューアルしてからあんまし変わってないのですが
    この2~3月くらいまでに、また構成を刷新したいなあと思ってます。
    めざすところは「バーチャル早乙女美咲研究所」なのですが
    まろんのアタマはHTML+CSSでせいいっぱいなので、
    気持ちだけでもそんなふうなwebにしたいなあと・・・

    ほかにもオリジナルネームの漫画3本描きたい(←ぜんぜんTSじゃないですすみません)
    とか、台湾のコミケに出るぞ!とか
    月夜眠さんもトシなので、作品執筆する時間づくりの面でもサポートできたらなあ・・・とかとか
    今年は久しぶりにわりといろいろ抱負がござるわけなのですが
    『ウンチクはいいからカタチで示せよゴルァ!』
    ということで、とにもかくにも作品(webも作品のひとつ)を送り出していきたい
    と思っておりまする。

    このブログも今年も月イチ程度のきまぐれ更新になっちゃうかもですが
    いろいろ宜しくお願いいたします。

    海街diary(多少ネタバレあるよ) 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    家計簿をつけてたらこの半年にかかった猫の病院代が、月給の半分を超えててびっくりしたまろんです。
    こんにちは。
    二匹分なんですけども。
    ミィのほうはだいたい治ったので心配ないのですけども。
    心配なのはサスケのほうで、
    あさっての検査でガンかどうかがわかるのです。。。
    ただの腫れ物だといいのだけど。。。


    それはともかく。
    コミケにうかりました。日-東ハ43bゆっこの不思議な部屋、デス。
    今年もダーリンにくっついてサークル参加いたしマス。
    自分的には、いまから20ページと40ページのマンガそれぞれ1本ずつ描き上げるという謀略。
    いえ、描きたいんですけども。
    体力が。
    がるるるる。
    あ、QPコーワゴールド飲もう。



    先月見つけた「高台家の人々」っちゅーマンガがおもしろいです。
    光正君兄妹が美男美女なのにいやらしくないのと、
    地味役木絵ちゃんの妄想がとびぬけて秀逸なあたりが、まろん的にはツボなんですけども、
    その妄想の出し方もくどくないっていうか、じぶんも光正君とおなじあたりで
    「ぶっ!」
    となるので、そのへん上手だなあ、やっぱネームの時考えてるんだろなぁ・・・とか、
    なかなか奥深いです。
    まだ2巻読み終わったところだけど。
    なるほど母親でこのさき話が転がるのかな。

    ところで。
    実写映画化される(orされた)って、帯に書いてあったけど、
    どうもまろんはマンガの実写化には懐疑的になってしまうです。
    「原作漫画にインスピレーションを得たまったく別作品」くらいに言われれば、
    それはそれで作品の別の面の味わい方だったり、普段マンガを読まない人たちを市場にとりこめて、創作業界としてはよいことだとは思う。


    あ、つまりそういうことか。

    自分でかいててスッキリしちゃった。

    うむ。


    最近「海街ダイアリー」で、「BANANA FISH」以来ひさしぶりに吉田秋生ワールドのトリコなんです。
    だって「不倫の末に生を受けた子」だなんて、わしらが子供の頃なら間違いなく非業の主人公キャラがこんなにポジティブに生きていけるフトコロの広い時代になったんだよなあとか、ちょっくらシンパシーを覚えたりするわけで、そういう主人公+エピソードに借金とか遺産相続とか不倫とかわりと重めなものを選んでるせいか(キャラの仕事も信金とかナースとか)どっちかというと物語全体にジットリきそうなのに、要所要所で心がほんわりする解決が置いてあって(しょっぱなから「行きます!」とか)、最近言われすぎてうっとおしい「生きろ!」的なメッセージが、押しつけがましくなく自然と心に沁みてくる感じも心地よいよ。
    でね、これも去年実写映画化されたらしいことは、やっぱり漫画の帯見て知っていて、
    先々月だったかスカパーでやったのを録画しといたわけ。
    ゆっくりできるときに落ち着いて見ようと思って楽しみにしてて
    仕事が落ち着いた連休明け頃に
    「どれどれ、どんなふうにしたのかな」
    とワクワクしながらやっと見たんです。

    見たんですけど・・・・


    ・・・・うーん、けっこう苦痛だった。

    ていうか、途中飛ばしちゃった。。。

    だってさ、だってさ、
    朋章クンがちーーーーーっともカッコよくないとか。。。
    すずの鳴き声がカンタンにセミにかき消されちゃってるとか。。。。
    ていうかすずサッカーでイチイチなら負けちゃうんじゃね?とか。。。
    フクちゃんに心の闇が感じられないとか・・・・いやべつにリリーフランキーがダイコンだとは思わないのだけど・・・
    最後の4人が波打ち際を歩くシーン、いかにも日本映画的解決っていうか・・・

    一言で言うと、漫画でシンクロした部分が全部なくなってて残念、だったのです。
    漫画や小説が映画化されるとよく感じることとして、
    映画って2時間しかないからその時間枠につっこもうとするとしょうが無い面もあるんでしょうけど
    今回の海町diaryについては
    『映画を撮ったのは男性で、原作書いてるのは女性』
    というあたりに理由がありそうって思った。
    たぶん、同じ作品でも共感する部分がちがうんでしょうね。
    そこがミソ。
    そんでそれは性別だけじゃなくて、年齢とか育った環境とか、地域、国、でも違うんだろうな・・・って。

    いろいろ勉強になりました。
    うん。

    旧作ヤマト 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    スカパープレミアムで「ハードディスク録画」っちゅーもの便利さを知ってしまったので
    毎月翌月の番組本を見ては
    「なにを見ようかな」
    とすっかりテレビっ子なまろんです。
    こんばんわ。

    あまつさえ帰宅時間が不規則なので、見たい番組を録画しておけるってホント便利です。
    30分弱のアニメ番組とか、夕食のお供に最適なのです。
    先月末から映画公開にあわせて「ヤマト」の新旧作両方が放映されてて、実に三十余年ぶりで納谷悟朗の沖田艦長を見てます。といっても、たぶんヤマトの初めての劇場版を弟といっしょテレビで見たことくらいしか記憶になくてテレビ版はほぼ初めて見るんですが、第一話~三話あたりまでものすごく動く絵がすくなくてびっくりしました。ヤマトの船体がすげー適当だし。でも逆に「2199」のほうはムダに細かいディテールがいっぱい描いてあるじゃないですか。これはたぶんHDテレビの普及っていう見る側の都合も影響してるんでしょうけども、作る側としてはCGとかいろいろ技術の進歩もあるにせよ、いちばんは携わる人が圧倒的に増えたからできることなんだろうなあとかしみじみ思いますです。だってヤマトもガンダムも声優さんが一人何役とかふつうにやってますもんね。

    旧作のセリフはソラで言えるダーリンはあんましこの旧作の放送に興味はないようなんですけども、最近ちょっと前にテレ東で放映されたという「アオイホノオ」っちゅードラマに夢中でして、ガイナックスを作った人たちあたりが学生だった時代がモデルだそーで、「風立ちぬ」で声優をやった庵野秀明氏もでてくるそーですが、「これからのSFはビジュアルなんだ!」的な暑苦しいエピソードを、たぶん狙ってるぽい同人ドラマ的な演技のクオリティで語られるとなんか妙に生々しくて、実際アニメを作ってきた人たちの歴史=アニメの歴史なんだよなあと、それぞれ見て思います。

    さいきん、NHKの番宣で「山賊の娘ナントカ」ってよく目にするんですが、同じくアニメの歴史の延長線上にあるわけだけどどうも絵の動きが、キレイだけれどもMMDぽくて魅力に欠けるなあとか思うのは私が昭和生まれだからでしょうか。
    いや別に否定したいんではなくて。



    11月はひさしぶりに午前様な日が多くてなんかもう会社辞めたいくらいのどよーんとした気分で帰ってくることも多かったんですけども、晩ご飯食べながらガンダム見て「セイラさんかっけぇ~」とか思うといつの間にかスッキリ頭が切り替わってるからフシギです。
    やっぱ文武両道ですよね!
    (ちょっとちがう)



    コミティア110「ゆっこの不思議な部屋」に新刊を並べさせていただきました。
    来ていただいたみなさま、ありがとうございました。


    テルマエに行ってきた 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    天城荘っちゅー温泉に行ってきたです。
    阿部寛がはいった湯船にはいってきたよ!
    キャッフー!
    DSC_0159r.jpg
    映画「テルマエロマエ」でルシウスが果実を追いかけて飛び込んだ滝壺のロケ地なのです。
    ↓参考までに映画のカット
    003677242.jpg
    ↓買いたてのiphoneでやたら写真をとるダー
    141019DSC_0161r_20141026182321eee.jpg

    写真の奥から手前に向かって湯がまわってくるよーになっていて、下流ほどぬるいしくみなんです。お好みのところで長湯できる感じ。
    あ、そもそも水着混浴なのです。早めに行ったのではじめ他のお客さんも一組しかいなくて、ダーリンとふたりで写真バシバシ撮ってきた。なにしに行ったんだ。うひゃひゃ。
    滝の右手に洞窟風呂があって、奥まで30メートルとかある洞窟にお湯が張ってあり、「この岩の向こうが滝ですか?」っていうくらい瀑布の地響きがするとゆー、あまりないいい雰囲気のお風呂だったんだけど、一番奥の電灯が切れてて怖かったのと、まろんはメガネなので曇っちゃって長居できなかったデス。

    天城峠は「天城越え」の歌でしか知らなかったんですけども、旧道が歩けるように整備されてるんですね。こんかいは日帰りだったしトンボ帰りだったですが、いつかトレッキングのつもりで来て7つの滝巡りしてみたいな。
    IMG_2735_Rr_201410261815558c0.jpg←天城荘ロビーでルシウスとツーショット

    それにしても映像ってすごいですよね。
    この温泉自体は谷間のこじんまりしたところなのに、話しの流れでほかの場所の映像とつぎはぎするとまるで架空の温泉できあがりなんですもん。
    上手に錯覚してエンターテイメントとして楽しむ分にはステキだけど、とくにテレビニュースに対してはまろん的にはこの手の手法の多用で信用ならないので、ますますだまされないようにもしたいものであります。

    テーマ : 温泉 ジャンル : 旅行


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.