スポンサーサイト 

    カテゴリ:スポンサー広告

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新聞社と中間管理職の類似点に関する一考察 

    カテゴリ:町工場女的日記

    某新聞の誤報さわぎについてちょっとエラそうな話で恐縮ですけども。


    「侮辱」と「批評」の線引きって、常々むずかしいなっておもう。
    そういうとカタイけど、職場で、「○○さんまたこういうことするんだよ」的な話題は普遍的にあってそのときに、
    「だからこうみんなでフォローしよう」
    とか
    「彼に伝えて事実とむきあってもらおう」
    くらいのアクションが続いているのが『批評』で、
    「このあいだもこうでしたよ」
    「ほんと?だらしないよねえ~」
    で終わるのが『侮辱』だと、私はおもう。
    すくなくとも私は、会社で他人のことを言うときはこの違いを意識するようにしてる。

    体罰とかセクハラパワハラは「加害者」と呼ばれるほうに自覚がない場合が多いのとおなじで、人を嗤ったり侮辱したりも、無自覚にやってしまっていそうで実はいまでもわりと恐い。
    ざんねんだけれど、「ひと」の失敗にしたり顔でエラそうなことを言っていた記憶は、小学生あたりからたぐれば枚挙にいとまがない。

    じっさい他人がやったことに「それダメでしょ」って思うのはとても簡単だ。
    簡単だけれど、そう思うことは「自分は悪くない」という安心感には浸れても、その事象自体はひとつも解決されないのでまったく建設的でないし、そもそも中間管理職が仕事でそれをやっては無責任なだけなので、そういう場合は、思うだけで口に出さないようにしている。
    この感覚は、マネージメントを生業にしていない人には共感されにくい。
    いわんや女同士だとなおさらだ。
    かといって「あたし噂話なんてしないわ」オーラは同世代には理解されてもひとまわりふたまわり若い人にはただの「恐い人」に映るらしくそれはそれで仕事に支障がでるので、自分にウソをつかないていどに「あわせる」のも仕事のうちだとおもっている。
    (だからプライベートではますますおべっかを使わなくなるといういいわけでもある)

    某紙が従軍慰安婦に関する誤認謝罪について一旦掲載を見合わせた池上彰氏の記事
    「過ちは過ちと潔く認め」
    はとても建設的なものだと感じる。
    製造業でもそうだけれど、不具合をだしたときいちばんやってはいけないのは「自分よりあっちが悪い」という目線にたつことだとおもっている。まずは事実をうけれなければなにもはじまらない。
    新聞は、人のやっていることに口を出すのが仕事であり、かたやメーカーの中間管理職は社内で他人がやっていることにも口を出すのが仕事。
    実は似ていないでもない。
    自分が間違えたときには素直に「間違えました」と言える度量と実績があればこそ、指摘側の意見をさらにブラッシュアップし、全体最適化に必要な解をいっしょにさがしていける、そういう関係が築けると言うことなのだろう。
    同紙にたいしてエラそうにいろいろ思うことはあるけれど、ここはひとつ大人になって、侮辱ではなく冷静に批評したい。
    スポンサーサイト

    貴重な週末の夕方を昼寝で過ごしてしまう件の一考察 

    カテゴリ:町工場女的日記

    かのドラッカー氏が
    『細切れの時間をかきあつめてつくったまとまった時間こそが成果を生むんだから、そのためには2週間ほど自分の時間の使い方を調べてごらん』
    みたいなことを書いてた本のページのコピーをいまでも手帳にはさんであって
    「タブレットを肌身離さず持ち歩いて手書きメモ使えばできそう。時間もいっしょに保存できるし」
    とかまで考えたことはあるですが、まだ実行したことはないです。うひん。

    べつに掃除も洗濯もそんなに時間かけてるつもりはなくて
    せいぜい洗濯物たたみと家計簿つけてるとき
    「ああ、この時間ってなんとかならんかな」
    とか思うくらい。
    でもたいしたことないと思っていても、じっさい客観的に見てみないとわからないじゃないですか。
    まろんは片親で育ったせいか掃除洗濯は土日にまとめてやる派で、
    それになんの違和感ももたずに三十数年生きてたですが
    ずいぶんまえに、いまの会社の同僚が
    「土日の時間がもったいないから洗濯は平日の夜にやる」
    と言うのを聞いて目からウロコだったことがあります。
    たいがい会社でもそうだけど「時間がない」とおもうのは、
    たいしたことないつもりの細かい作業を山のようにやってるからですもんね、
    ドラッカーのしてきどおり。

    そう考えるとさいわい今のアパートもだいぶ防音がよくて
    零時を過ぎなければ掃除洗濯エンリョはいらないんですけども
    やっぱし帰りが10時とかだと食事して風呂入ると力尽きてしまうきょうこのごろ。
    床そうじもいまやルンバがやってくれるので
    その時間でシンクとか洗面台掃除したりパウンドケーキ焼いたりできてるんだけども
    この1ヶ月ばかり、土日は出勤もせずばっちし休んでいるにもかかわらず
    3じごろになると力尽きて、日が暮れる頃まで寝てる気がする。
    なんでだろ。

    結局、家事を楽しんじゃってるのかな、わし。
    ていうか、模様替えになるのかな。
    ダーリンを駅まで送った帰りの買い物ついででうっかり百均とか寄ってしまうと
    なんかウキウキしちゃうですよ。
     ウォールラックを見ては、壁に増やしてまどまぎのCDジャケット飾りたいなとか
     フェイクグリーンを見ては、お向かいがきれいにやってたからうちも真似たいな(目隠しの意味もある)とか
     結露止めテープを見ては、この冬カビすごかったから秋のうちにやっとくといいかもとか
    いろいろ妄想し始まってけっきょく1時間以上いたりして。
    なにも買わないのに。
    そーいえば5,6月は今年こそグリーンカーテンやってみたいけどゴーヤじゃよくよく食べ切らんからプランターでハーブ栽培してみたいとか、DIYショップにいくたびに思ってたなぁ。


    んにゃ、たんに無計画なだけなのか、これは。


    p.s.ツイッターに通知連携というのを設定してみたです。
    まだいちどもつぶやいたことないしどんなふうに表示されるのかぜんぜん知らないのですが。げほげほ。

    WLB 

    カテゴリ:町工場女的日記

    きょうの午後いっぱい、
    ずっとこれ読んでた。

    ユリイカ2011年11月臨時増刊号 総特集=魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女に花束をユリイカ2011年11月臨時増刊号 総特集=魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女に花束を
    (2011/10/20)
    悠木 碧、斎藤 千和 他

    商品詳細を見る


    飯田一史とゆーひとの「虚淵玄論」を読みたくて買ったんですけども。
    そのへんのことは書き出すとキリないので今日はおいといて、
    なんていうか、ひさしぶりにしごとじゃないことに半日もどっぷり浸かれて
    ああ、やっぱこーゆーバランスってだいじだよなっておもったんです。

    先日、国の補助金申請の締め切りがあって提出したんですけども
    これって、競争補助金とかいうそうで
    要は出来のいい順に採択されるので
    どっちかといえばバラマキ補助金とはいえ
    去年の実績でも倍率2.5で万々一不採択になったとき後悔したくないから
    ここもとかなり全力でそっちやってたんです。
    だからダーリンに
    「たまには晩メシつくってくれよぅ」
    といわれるくらい仕事ばっかりしてたんですけども
    12月からこっち、不具合続いたり、失注したり、部下がヘマしたり
    いろいろつづくと心が折れそうになるじゃないですか。
    なったんですよ。
    攻殻の『イノセンス』で押井さんが
    「幸福において肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないこと」
    とか言わせてたけど、ほんとそうだとおもうです。
    動機って、客観的にはささいなんですよね。
    ねっこにあるのはやっぱエモーショナルなパワーなんだなとか思うわけ。
    それがね、この半年くらい絞りに絞り続けててなんかもう
    乾いたゾーキン状態だったなって、
    きょうこの本で対談とか評論とか読みながら潤されてるじぶんに気付いて思いマシタ。
    ワークライフバランスだいじっていうけど、
    いいしごとするうえでも、しごと以外のことに時間を使っておくってだいじってことでしょーか。
    文武両道?ちょっとちがうか。

    ところで虚淵玄って、72年生まれだったんだ。
    我都不知道
    ぜんぜんしらなかった。
    まりコ、同世代だよ。
    もう若手じゃないんだね、あたしたちってば。
    あっははは。
    若いとき病気で死線をさまよったとは聴いてたけど、
    「免疫系のびょうきだったので、生きているっていうほうが
    奇跡のようなバランスのうえに成り立ってるんだと思う」
    というくだりが印象的でした。
    「死は生活の一部」という考え方が宮崎駿に通じるなあとおもったり。
    なんだろ、こういう「口から入れない栄養剤」は
    社会人になったあたりはよく摂ってた気がするんだけど、
    ほんとそういうことに時間つかえなくなった。
    「人生10代は二度と来ない」とか「一度きりの20代」とか言われる
    これってそのたぐいなんでしょうね。きっと。



    きのう「いいね」くださったかたあざあっす。
    いまさらですがfc2拍手とFBとtwitter貼り付けてみましたです。

    リケジョって登録商標だとか 

    カテゴリ:町工場女的日記

    まりコは生化学ほうめんはからきし素人なので
    その発見自体のすごさはよくわからないですけども
    わたしらの世代が学生のころはまだ「女史」なんて単語も残ってたし
    女性の社会参画を!って声高にさけばれるくらい珍しかったし、
    だもんでニュースになった小保方さんのよーなフロントラインの活躍は
    女子サイドとしてはもう手放しで大歓迎なんですけども
    なんなんですかね、記事のなかに踊る
    「割烹着」とか「ペットのスッポン」とか「ピンクの壁」の単語は。
    「デートの最中もお風呂のときも研究のこと考えてた」とか
    それ、当人が男性でも記事に書きますか?

    なんかでちらっと見たから
    「ホントかいな?」
    と思って調べてみたら、
    ホントに登録商標だったよ
    「リケジョ」
    なるほど、理系志望の学生向けの支援サイトらしくて
    ほほう、ちゃんと志あってのものかしらん、とおもってwebをみてみたら、
    人気記事リストのなかに
    「美人過ぎて」とか「アイドル目指して」とかあったよ。
    ぬるすぎだろう、それ。
    どんだけ若者を食い物にする気ですか。
    「美しすぎる県議」とかと同じノリですよね。
    ホントの研究のムシならこんなサイト見ねぇよ。
    だってヘコむもん。


    誤解をおそれずにいうと
    プロのスポーツ選手とか歌手とか俳優とかはね、
    人に見てもらってナンボの稼業じゃないですか。
    多少はね、プライベートおっかけられたりするのもふくめて
    メディア上演出されたりするのはやむを得ないとおもうんですよ。
    この種の職業にとってはマスメディアが収入源、
    いわばお客のよーなものだから。

    でもね、地味に民間企業で働いて
    ましてや何十年もかけてひとつのテーマをおっかける研究者なんてのが職業の人は
    マスメディアにとってはあくまで客であって、売り物じゃないでしょっておもうですよ。
    だってそれで出演料をもらうようなこと、まったく考えてないですからね。
    「取材させてもらう立場」ですよ?
    関係が逆でしょう。
    失礼ですよ、小保方さんに。そのチームに。会社に。

    つまるところ、そんな記事を読む人がいるからなんだろうけどもさ。
    それでいいの?企業は。
    そう疑問に思える目を
    じぶんはもっていたいです。

    ズボラ女ですみません 

    カテゴリ:町工場女的日記

    けさ、すっごいひさしぶりに耳そうじをしたら
    1センチはありそうな耳垢がとれてびっくらこいたまりコです。

    朝起きたら左耳がガサゴソいっててですね、
    何年もまえ、ネコの毛がはいって同じようになったことがあったので
    きっとまたそうだろうとおもって掃除したのが、たぶん1,2ねんぶりだった気がします。
    いえ、あんまり耳掃除しすぎると耳の中の炎症をおこしやすいとか何かで読んで
    それいらいしばらくわざとしなかったのが
    いつのまにかぜんぜんしなかったというりゆうです。きっとそうです。
    ズボラ女ですみません、というオチを書こうとしたら、
    FC2の広告に同じ文句があって、「すっぴん美肌へ! 1470円!」
    とか、なんかads広告がその手ばっかりでうんざりっていうかムカツクわー

    気がつけば1ヶ月ぶりの記事がこんなきったない話ですみません(汗


    先日出張で名古屋にも寄って、
    プライベートではいつも目の眩む高さの橋の上から見るポートメッセに行った帰り
    その橋を初めて下から見たんですけども
    車が音もなくゆっくりすべりうごいていくさまが
    まるで空を飛んでるようで未来絵図でしたです。
    スターウォーズの映画みたい。すてき。
    20131012085853d3f.jpg


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。