Post image

ファンタジック「オツベルと象」

賢治の「オツベルと象」ったらめっさがめつい金持ちのオッサンが人だけじゃ飽き足らず象までこきつかって銭儲けしよーとしてしっぺがえしをくらう、とゆーよーなおはなしだと理解してたですがこのあいだの夏のコミケでこんなマンガ化してたひとがいて感動したのです。作者様のホムペはここさいきんはやりの古典のマンガ化ってゆーだけじゃなくてオツベルがただの拝金主義者じゃなくてじつはちゃんと親ゴコロだったんだよという解釈...

Post image

新装開店したのだよ

まりコです。こんばんわ。瑞田まりコです。お探しのURLはまちがってませんよええ。いろいろ思うところがありまして、ブログのタイトルを変えることにいたしました。「みずたまりコのSFにっき」 ↓「まろん工房」リンクしてくださってるみなさまにはお手数ですが気が向いたときになおしていただけますと、まりコ泣いてよろこびます。えぐえぐ。まだあちゃこちゃ工事中だったりナビゲーションがわかりにくかったりしますがさいきん脳...