2016年10月 の記事リスト

    ≪前月 |  2016年10月  | 翌月≫

    コミティア118 

    カテゴリ:わりとどうでもいい日常

    ヘコんできました。
    いえ、上手な人がたくさんいることはわかってるんですけど、
    アタマでわかってるのと目の当たりにするのとの違いと申しましょうか。
    だから以下ほぼひとりごとです。
    すみません。


    このへんの懊悩はぜったい通らなきゃいけないところだと、いちおう四十ウン年人間やってきたのでそれもリクツはわかってるんだけど、やっぱりぶちあたるとくるしいものですね。

    自分はどうなりたいのだろう。

    先日のオフ会では
    「まろんさん、絵が上手になった!」
    って言ってもらえて、やっぱりそれはうれしくて
    (はじめがひどすぎたんですけども)
    でも、ブログのカウンターを気にしたときもそうだけど、
    どんどん増える、ランキングがあがる、もし仮に1位になってもいつまでキープする?
    で、どこまでいけばヨシとする?という問いかけ自体が不毛で
    「そもそもだよ?なにをしたいのかな自分」
    にたちもどる。

    今のライフスタイルって、1週間168時間のうち最低65時間は通勤ふくめて会社の拘束時間で、最低35時間はどうがんばっても寝ないと体が保たなくて、だから粗利的な勘定のしかたでいくと68時間が創作活動に使える時間のmaxだね。
    平日6時間ずつ、土日21時間ずつ。
    もちろんこのなかで食事買い物おさんどん猫の世話するんだけど、でもそっかー・・・1日6時間もあるのか-・・・
    書き出してみるものですね。
    ドラッカー先生ありがとう。
    それにしても土日のルーチンでもっと平日にまわせそうなものあるなあ・・・洗濯物とか。
    ざっくり半分を創作にまわせれば34時間でしょ。
    下書きからさきは一コマ0.5時間として、100コマ漫画なら50時間、2週間でできるですと!?
    ネームや推敲はべつとしても1ヶ月で20ページはカタい・・・と。
    そういう感じ?
    わお。
    本当かな。

    「最低これくらい」の時間をかければできるってものでもないけど、
    同時に、沢山時間を費やせばできるっていうものでもないもんね。
    (TPPをどうしようの話題でも「議論を尽くしてないのに決議とは何事だ」的なことをしたり顔でいう野党の話聞くけど)
    限られた時間をどれだけ集中して使えるか。
    そんでその限られた時間でどれだけ目標の完成度に近づけられるか。
    うーん、次は冬コミ。
    もうひとがんばりしてみよう・・・
    きっとその完成度は進めば進むほどもっと先に行きたくなって、欲をいえばキリがないんだろうけれど・・・

    ひとりでもふたりでも多くのかたに
    「まろんの描くマンガ、こういうところいいよね」
    って言ってもらえるような、そういう水準のものはアウトプットしたい。
    絵を上手になろうとか、早く描けるようになろうとか
    それって結局手段ですものね。
    自分の表現したいものが、まろんのオンリーワンであることは見失わないようにしよう。
    そう改めて、今日思ったよ。

    DSC_0434.jpg
    ビックサイトに東7,8ホールができてました。できたてほやほや?


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.