一週間 

    カテゴリ:町工場女的日記

    この一週間、みなさまはどんな日々でしたか?

    まりコは東京に住んでるんですけども
    なんだか、ヘンな気分でした。
    きのうあたりも小春日和で
    空は青くて静かで。、
    でも何百キロかなたでは
    寒空に震えて食事もままならないひとたちが
    何万人もいらっしゃる。
    何万、ですぜ?
    まりコの知人友人ぜんぶ思い浮かべても
    その百倍以上いるけいさんだ。
    しょうじき想像がつかん。

    いっぽうで、まわりをみわたすと、
    やっぱりどこか壊れてもいないし、ひともいるし
    いつものとおりなんだけれど
    でもたしかに、いつものとおりのしごとはできない。
    計画停電の時間は、いつ停電するかわかんないから
    出勤時間をはやめたり、はやく終業したりしてましたけど、
    業者さんのクルマが、ガソリンを思うように入れられないもんだから
    そもそも納品が滞って、予定通り材料がはいってこなくてつくれないものも多く、
    せっかくできても、お客さんの会社が通常操業していないから、
    出荷できずに倉庫に積んでいるものもある。

    土曜日朝の毎日新聞電子版で
    「製造業の停滞長期化か?」
    とかなんとか、書いてましたけど
    メーカーのはしくれで仕事するまりコとしては
    1週間もたってからなに言ってやがんだ、です。
    経済は、物流は、
    ステークホルダーはみんなつながってる。
    一箇所がとぎれても、しごとは意味をなさない。
    こんかいの災害で、企業活動がすぐに元通りになんかならないなんてこたぁ、
    火曜日の昼間にはわかっていたことです。
    零細企業のまりコんところですら!
    だからまさに
    それをなんとかするためにこの1週間しごとしてたとゆーのに
    新聞記者ときたらのんきなもんだよ。ねえ。
    がるる。
    (新聞記者のひとがみんなそーではないのだろうけど)


    節電や義援金を送ることも、
    いま、個人ができる大切なことだとおもうですが
    まりコのかいしゃのいつもの仕事を、
    いままでどおりしっかりまわしていくために努力することこそ
    まりコにしかできない、たいせつなことだとおもってるです。
    だってもしね、まりコが家をなくしたりしたら
    いちばんどうなりたいかというと
    「一刻も早くもとの生活にもどりたい」
    と思うとおもうもの。
    なんかね、
    ドラッカーの
    「『われわれの事業はなにか、何であるか』の定義が不可欠だ」
    という一節が、
    いまほどずずーんと
    まりコの脳みそにのしかかってきたことはないです。
    なにごとも、がんばってりゃいいってもんじゃないし。
    がんばる方向をまちがえたら
    じぶんもまわりも迷惑なんだし。



    うまくかけないけど
    そーゆーわけで今週もがんばるです。
    がんばろう!




    ↓先週末引越しでカラッポになったSF氏の旧居
    110321P1000149.jpg
    ほんぶんとはかんけいないよ



    banner_14.gif

    コメント

    No title

    こちらのニュースでも
    日本からの部品などが入ってこないから
    車やI padなどいろんなところで支障が出てるって
    行ってました。

    大変でしょうが、まりコさんにしかできないこと
    がんばってくださいね。

    No title

    >あぬさん
    ありがとございマス。
    いろんなお仕事が
    いろんなとこでつながってんだなーって
    いまさらながら痛感しますです(涙

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.