むかしとった杵柄 

    カテゴリ:町工場女的日記

    まりコはむかし、
    風力発電所をつくるかいしゃにつとめてました。
    それなりに大志があったのですよ。
    これでも。

    原発の事故があってから
    「日本も再生可能エネルギーをふやせ」
    とか、政治家のかたのブログとかで読んだりします。
    じっさい、展示会みたいなのに行くと
    「なんでもっと増やせないんですか」
    と聞かれることがよくあって
    いつも説明に苦労しました。

    なかなかわかりやすく言うのがむずかしんですが
    それをわかりやすく説明するのがエンジニアの説明責任だろう
    とかなんとか、勝手におもって書くんだけども
    当時売り込みに行ったさきでも
    「ここらへんは日本でも有数の強風地帯だからねえ、がっはっはー♪」
    と自慢されるおきゃくさんがいっぱいいたですが
    とにかく電気とゆーのは貯められないので
    一年のうちはんぶんは暴風でも
    のこりのはんぶんはおだやかだったら、
    それは発電所として無いのとおなじなのね。
    けっきょく別に発電所をつくらなきゃいけなくなる。
    おなじおおきさの発電所をふたつつくるよーなもんですわ。
    つまりとってもおかねがかかる。

    そのへんが日本で
    風力発電や太陽光発電が原発にとってかわれなかったりゆうなんですけども
    貯められない電気を貯めようと工夫する(水素にするとか蓄熱するとか揚水するとか)
    とってもとってもおかねがかかるので
    本気で原発を無くしたかったら
    そのためのコストをかぶる覚悟が、使う側にひつようだし
    必要最低限のコストにするためには、
    いまみたいに、
    使いたいだけ電気をつかえる、という認識を改めなきゃいけない。

    そうして、省エネをしながら
    多少の不便も受け容れるしおかねはかける、という風潮がふつうになったとき、
    プリウスが普及して量産されるよーになったように、
    マイバッグが普及してエコバック売られるよーになったように、
    マイ水筒が普及してTHERMOSみたいなのを売る会社がふえたように、
    原発じゃない発電所が、どんどんふえていくと思うです。

    政府や東電の緊急対応は頼りないけど、
    そのことを嘆いてばかりいてもはじまらないので
    これからの生活で、
    スマート家電とか、燃料電池とか、電気自動車とか
    そーゆーものに興味をもったり調べたり買おうとしたり
    エコなとりくみをしているお店をひいきにしたりしていくことが
    いままで原発の恩恵を享受していた庶民のひとりとして
    いま、放射能におびえて避難されている福島のかたがたに報いることなのだと
    おもっています。




    w-turbine.jpg
    つとめてたころ描いた風力発電所のイラスト。
    たぶん年賀状にでもしたんだとおもう。わすれたw



    banner_14.gif

    コメント

    No title

    そうかぁ、貯められないってのが
    ネックなんですね。

    なんとかいい打開策見つかって欲しいです。
    まずはどんな選択肢があるのか。
    情報収集ですね。

    やっぱりイメージはナウシカでしょうか?^^

    No title

    >あぬさん
    じっさい、イラストみたいに座ったこともあるですが
    きぶんはメーヴェでしたよん。

    眼がくらんだけど!^^;;;;

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.