あれから1年ですね 

    カテゴリ:町工場女的日記

    どうもこんばんわ、まりコです。
    いっこうに更新しなくてスミマセン。
    それでも読みに来てくださるかたには
    わたしなんぞを忘れずにいてくださって
    ほんとうにありがとうございマス(涙

    誤解をおそれずに書きますと、
    このブログの更新が滞りがちなのは
    これ以外にやりたいことがたくさんできたからにほかならないんですけども、
    わたしのばあい、人生でいちばんノリノリの三十代のときに
    抗うつ剤がひつようなくらいヘタレてたもんですから
    われながらうざったいくらいにあれもこれもやりたいこの精神状態は
    「あのときの機会損失をとっかえしたる!」
    とゆー反動なのかなと自己分析しとるです。

    この1月からはじめた中国語の勉強も、
    きっかけは仕事上のひつようからなんですけども
    もしあの大震災がなかったら、
    じぶんはここまでアグレッシブでなかったろうとおもうのです。
    先月、しごとで台湾に1週間ほど行ったんですけども
    そのまえのタイ滞在のときもそうでしたけど
    みんなふつうに「ワンピース」を知ってたり、
    「日本のアニメが好きだから日本語覚えた」
    っていうひとがごろごろいたり、
    走ってるクルマが日本車だらけだとか、
    CNNとかBBCでトヨタのリコール問題をなんかいもやってたり
    台湾高鉄っていう電車なんて、乗ってるとほんと
    新幹線にのってるような錯覚しちゃうくらい
    なんていうか、
    「うは、日本て、すごいんじゃん」
    なんて、間抜けな感想をもっちゃったんですよ。
    でも、走ってる車はみんな右側通行だし交差点に信号がなかったりするし
    街中は食べ物屋だらけだったり、見たことも聞いたこともないお祭りやってたり
    そもそも聞こえてくる言葉がぜんぶ外国語だし、
    あきらかに日本じゃないわけじゃないですか。
    つまりなにがいいたいかっていうと、
    『世界って、ひろいんだな』
    と。

    震災のまえ、TPPで大騒ぎでしたけど、まりコは
    「黒船がきたときの幕府もこんなだったのかな」
    とかおもわずにいられなかったです。
    個人的には、この人口減少局面の国にあって海外との分業体制をつくろうとしないなんてアほちゃうか
    と思ってるので
    「弱者切捨てだ!」と言われても全体利益最大化で誰かがイニシアチブ取らないと
    まとまるものもまとまらないとおもったです。
    で、そーゆーことしようとするとよく国会では
    「議論を尽くしてない」
    とか言って結論がでないわけですけども
    端的なハナシ、津波や放射能漏れなんかは
    議論が尽くされるとやらを待ってはくれないわけじゃないですか。
    そのあともマスコミとか東電にたてつづけにげんなりさせられたわけなんですけども
    でも、ですよ。
    世界は広いんだな、と。

    自分も少子化に貢献しちゃってるひとりなのでハッキリ言っちゃうと
    人口が減少局面になる原因は
    社会制度とか食料とかの物理的な原因ではなくて
    その時代を支えているマイノリティのメンタルが支配的なんではないかとおもうのです。
    よくも悪くもいまが充足してるからわりとリアリストで、
    あまり先のことも考えず、心配もせず、
    いまでこそ
    「はやくSF氏がヨメにもらってくれないかなあ・・・」
    なんてことおもってますけど、5,6年前は本気で「生涯独身」って決めてたし。

    あああ、ダメだ、なんか考えを文章におとすのがヘタになったなあ。
    なんしろ、わりとこんなふうなこと考えてたら
    くちさきばっかりじゃなくて少しでも世間様の役にたつことしたいなあと、
    そのために「みずたまりコのなまえでコミケにでよう!」とおもったんですとか、
    もっと外国とお仕事できるようになってみたくなったりしたと
    そーゆーわけでございます。
    いえ、だからってやってることはほんとぜんぜんごらんのとーりのレベルのイラストだったり
    中国語ったって「でぃすいずあぺん」レベルだったりですけれども
    なにごとにもはじめはあるし、志は高くもちたい(どうせそこまでは行けないんだから)ので
    こちらのブログもとうぶん方向性不明な感じがつづくかもしれませんが
    そーゆーりゆうなんですスンマセン、
    という言い訳の記事ですすみません。。。。


    ていうかこのテンプレート自作なんですけども
    われながら見にくいぞこれ(#゚Д゚)

    コメント

    中国語

    私は最近文語、古典的中国語(漢文ね)の参考書買ってきました。レ点すら怪しいのでちっともはかどりませんが、いつか漢詩を書いてそいつを掛け軸にして部屋に飾りたいです。まりコさんはぜひとも現代の音声中国語を極めてください。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.