まどマギ新編コンサート行ってきた(ネタバレありマス) | まろん工房

    まどマギ新編コンサート行ってきた(ネタバレありマス)

    東京芸術劇場行ってきたです。
    もっぱら自分用の感想メモ書きです。

    総評:
    音楽の完成度についてはかなり???マーク・・・
    最後に野中藍さんがしゃべってくれたからチケット代分は回収できた気分。

    各曲:
    once we were チェレスタの音色でいい感じに幕が開けたと思った。じっさいこの曲はよかった。
    nightmare ballet 全体にこーゆーもともとオーケストラ楽器の曲は安心して聴けたけど、配置のせいか席のせいかわからないけどピッコロが遅れて聞こえて気持ち悪かったのが残念
    Scaena felix なんかギターとピアノの音色がハマらなくて気持ち悪かった。チューニングちゃんとピアノに合わせた?コレ。
    Postmeridie こんなに元気な曲なんだけど、フルートが遅れ気味に聞こえてきて推進力がないというか、ぜんぜんノリがわるかった。3階席だったせいかなあ。
    nothing special, but so special チェレスタもハープもとってもよかったんだけど、ソロ奏者にあてるスポットライト、遅すぎね?ワザとなのか?
    nightmare!!このへんからだんだんパーカスのアンバランスさがめだってきたっていうか、バランスがわるくて折角の曲アレンジを壊しちゃってる感じがざんねん。
    Holly Quintet ぜんたいに映画のシーンが目に浮かぶくらいの曲が少なかったのが残念だけど、この曲は目に浮かんだね。
    one for all 弦が完全に音量負けしちゃってメロディーがわかんなかった(曲は知ってるから心のなかでは流れてるんだけど)ぜんたいにパーカスの音をあんなにPAでださなくてよかったんじゃないかなって思う。
    the battle is over チェロのソロ、サイコー!でもこれこそPAでもっと聴かせてほしかったよ
    something, everything is wrong きたよ!アコーディオン!ステキ!でもここでもパーカスがうるさすぎるんだ・・・前半の飛行船の音は小さすぎてよくわからなかったし・・・
    face the truth 好みなのかもしれないけれど、今日のフルートさんはとにかくもたつくというか引っ張ってくれないというか・・・・ほむらの切実な気持ちがぜんぜん伝わってこないのが残念
    doubt #2 私が一番好きな曲だって言うのもあるけど、弦楽三重奏、ステキだった!これはむしろサントラよりもバランスよかったし!ただトライアングルがもっといきおいよく入ってくれるとメリハリついてよかったのに。
    gonna fight with me パーカスのうるささがこの曲ではむしろプラスに効いてよかった。
    her decision 曲としてなりたってたか微妙だけど、生楽器で再現しよーっちゅー心意気に努力賞だとおもう。
    pulling my own weight 手で叩くパーカス(楽器のなまえわかんない)が新鮮でリズム感あって気持ちよかった。でもチェロの音量がピアノに負けちゃってるせいで重厚感が半減。残念だった。ピアノ、おもいっきし蓋あけてあったしね。。。
    another episode あいかわらずパーカスうるさいしフルートが弦より遅れ気味ですっきりしなかった。ピアノとチェレスタを合唱の前にして、木管を弦の真後ろにおいたほうがよかったんじゃないのかなあ・・・
    dream world 後半はわりとまとまりがよかった。この曲もそう。合唱と弦のかけあいも気持ちよく聴けたし。
    never leave you alone フルートばかり悪く言ってイヤなんだけど、なんていうかこうまどかのやさしさみたいなのをもっと朗々とうたうとこだとおもうのになんか及び腰なのよ。音色が。これじゃほむらが「このまどか、だれかが用意した偽物じゃね?」とか言い出しそう。
    this is the truth パーカスのエコーが丁寧に演奏されてて緊張感があってよかった
    frame of despair 時計の鐘の音からはじまる演出よかったし。現実が指からこぼれ落ちていくようなピチカートのリズムもよかったし。
    you are here エレキベース、カッコよかったです~
    Noi! 合唱に編曲する必要なかったよね、これ。志村けんの「ナンダバカヤロー」みたいにヘンになっちゃってて笑いそうになったっつーか、悲しかった。映画がだいなし。
    the worst ending ギター、出落ちした?っていいたくなるくらいさいしょのインパクトなくて残念だった。編曲のせい?
    theater of a witch ブザー音の演出よかったんだけど、ちょっと長すぎ。こーゆー曲間は映画のテンポ感をくずさないほうがいいと思った。演奏順を踏襲するくらいなんだから。
    I cursed myself バイオリンとチェロのソロの掛け合いが楽しみだったけど、やっぱりパーカスがうるさすぎてメロディーにのれないっていうか、入り込めないっていうか。打ち込みの再現にこだわり過ぎちゃったのかな、今回の公演。
    misterioso この曲もアタッカで入って欲しかった。なんだろ、私がオペラをやってるからそう思うだけかなあ。曲間でもたついて折角入りかけてた気持ちがブツ切りにされたことがなんかいもあったよ。
    wings of relief ハープはとってもステキなんですけども、なんでかフルートが遅れて聞こえる。ほむらを迎えにきたまどかがしゃっくりしてるみたいで気持ち悪い。
    I was waiting for this moment スローテンポが新鮮!スネアとバスドラがうるさかったけどコーラスの醸し出す荘厳さはオッケだったなー
    her new wings 後半の荘厳な部分、まどマギの空気感を代表するよーでいちばん好きな部分なんですけども、それをコーラスで再現したのはステキだった!これがなかったらアンケートの「不満だった」にマルするとこだったよ。
    solve the riddle これは残念ながらよくわからない曲になっちゃってたな~。これも打ち込みを再現しようとしすぎてメロディーがおざなりにされちゃったような・・・
    I think this world is precious ストバイとチェロのソロがやっぱりピアノの音量に負けちゃってるんだけど、このへんはスタジオ録音にはやっぱり敵わないって、そーゆことなのか?
    not yet ピチカートとアコーディオンのかけあいよかったなあ・・・ベルもピタっとはいって気持ちよかったし。だから配置のせいだけじゃない気がするけど・・・・

    感想:
    オーケストレーションで編曲がかかるのはわかってたし、打ち込みの音を再現しきれずにヘンになるのもまあ試みだとおもってそれはそれでいいんだけれど、どうしても頭にはオリジナルがあるから比べちゃう。だからいっそ「編曲してます」ていうくらい違う方がいいのかもしれない。そういう意味ではワル響のほうがいいのかも。
    それにしてもなんかこう、音に推進力が乏しい楽器が多かった気がするのは、指揮者のそーゆー意向なのか個々の演奏者のクセなのか・・・・
    うがった見方すると、「もともとアニメが好きで聴きに来る客がメインなんだから、普通のクラシックコンサートよりも音楽的完成度は低くてもオッケじゃね?」みたいにも見えて、なんかビジネスイズビジネスな空気が垣間見えたようで気持よくない。弾き込みがたりないっつーか・・・思い入れがたりないっつーか・・・
    なんか、ここまで傾倒してる作品のファンのひとりとしては残念なコンサートだったです。


    あとたいしたことじゃないけど、アンコール1曲目が終わったときに音鳴らしちゃったひといたね。ギターのあたりから。苦笑いしてるのが3階席からでも見えたけど、みなさんプロですよね?プロですよね?
    Theme: 魔法少女まどか☆マギカ
    Genre: アニメ・コミック

    Comment

    Leave a Reply





    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback