コミティア110出ます | まろん工房

    コミティア110出ます

    コミケとかで手伝わせてもらってる月夜眠さんの作品をコミカライズしよーと去年企てたあげく結局未完成だったヤツをやっとで清書して表紙も下絵まではできたので、この調子でこんどこそコミティアで頒布いたしマス。
    でもタイトル未定なの。
    完成次第来週末あたりpixivにあげマス。

    141102temp.jpg
    ↑いまや昔のアンミラ制服がモデルの衣装


    ざっくり主人公が両親と再会するっちゅーハナシなんだけど、前回のコミケで出したまどマギファンブックといい、気がつけばどちらも親子の絆ものだということに気付きまして、我ながらその深層心理になにか潜んでいそうだと推理したわけです。
    そこでまず、実はいま鳳凰衛視でメチャハマリしてる中国ドラマの「到愛的距離」っちゅーのがあるんですけども、いったいコレどこでズキュンときたかというと院長夫妻が親がいなくなった赤ちゃんを養子に引き取るのをきっかけに離婚を回避したとかいうくだりでありました。
    そんでから、さいきんは連載がとまっちゃったのでご無沙汰ですけども、ひところ新刊がでて買って読んではいちいち泣いてたあずまきよひこの「よつばと!」も、とーちゃんとよつばをめぐる日常モノだったりとかしました。
    くわえて、特にそれを生業としているわけではないまろんのばあい、アートのたぐいというのは基本的に現実生活で充足できない欲求の発露ぽいなとおもっており、これらを総合的に顧みるに
    「そーか、あたし、子供がいる生活にあこがれてるのかも」
    という結論を得たしだいであります。
    とはいえ子供はペットではないので、こんな感覚で子供が欲しいとか言ってると反抗期を迎えたあたりで親たる自分がもう一皮剥ける必要に迫られるんだろーなとか想像したりはするのですが、いずれにしても子は授かれないし夫婦そろって歳も歳だしもう生涯そんな経験はできないぽいので、偉そうなこと言うだけですすみません。


    マンガですけども、去年にくらべたらだいぶ同じカオを描けるよーになりました。
    こうして少しでもマンガにトライしてみると、世の漫画家がキャラを使い回したり、現実にあり得ない色で髪の毛を塗り分けたりアホ毛をたてたりする理由がよくわかりました。いちばん手っ取り早い書き分け方法だったのね。
    子供のころ「キャプ○ン翼」とか「聖戦○星夜」を見て「ぜんぶ同じカオじゃん」とか思ったあたし、謝れ(誰かに)。

    Comment

    Leave a Reply





    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback