コミティア121 

    カテゴリ:わりとどうでもいい日常

    去年の10月にも似たようなこと(ココ)書いたですけども・・・
    「それが現実だ」とダーリンに言われると、
    「それはそうだけどここは励ましてよ!」とか
    普段ならする逆ギレさえする元気がないくらいヘコんだしだい。
    やっぱコミティアの方が刺激うけるです。
    みんな創作だからかな。
    なんかこう、会場のエネルギーの種類がコミケとは違う感じ。
    これがクールジャパンの底支えなのかな、みたいな。

    100%私事ですけども、
    来年の2月から勤務時間を大幅に減らさせていただくことで会社ともハナシがついて、
    創作に費やす時間を確保したんですけども、
    去年も自分で書いてるけど、絵が上手な人、素敵な世界観のひと
    世の中にはゴマンといて、
    それでも自分でお話書いて人に読んで欲しいなとおもったら、
    自分の書きたいモノだけ書いてたんじゃやっていけないんだろうねって、思う。
    ふつうに他の仕事とおなじですよね。
    書きたいことだけ書く選択ももちろんありでしょうけど、
    それでは時間が足りないなって、思ったわけだから。

    まろんのオンリーワン、なんだろう。
    自分は一事が万事、そうなんだけど
    新しいものをどんどん探して開拓していくタイプじゃないです。
    食べ物屋さんも馴染みのお店ばっかりいくし、化粧品もシャンプーも
    一度使い始めると廃盤になるまで使い続けるタイプ。
    マンガやアニメも、新しい作品に手を出すこと自体が少なくて
    そのかわりハマるとトコトンな感じ。
    週刊誌読まなかったし、
    ダメもとで試し読み的に1巻だけ買う、とかやるようになったの、わりと最近。
    そういう自分が書くものだから、
    100人のちらっと読んでくれる人よりも
    10人の何度も読んでくれる人を意識して書いた方がいいんだろうなって、思ってます。
    独りよがりって言われても、
    「まろんの作品のそのヘンなところ好き」
    って言われて上等だと思いたい。
    貧乏でもなんでも
    それで自分の納得ずくで創作活動ができるなら
    理不尽なこと9割であたりまえな会社員続けるより何倍も嬉しいもの。
    ・・・すいません、自分に言い聞かせてマス。

    それにしても、どの世界にもすごいひとって、ほんとう沢山いる。
    そう感じるほど、そっか月夜眠のファンブックばっか書いてる場合じゃないのかも、と。
    自分のアタマのなかにぼんやりとある
    「書きたいもの」
    を形にしていこう、と。
    決意をあらたにしたのでした。

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.