スポンサーサイト 

    カテゴリ:スポンサー広告

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ファザコンまりコ 

    カテゴリ:妻的日記

    とつぜんですが
    まりコは父親が大嫌いでした。

    ところがいざ付き合ってみたら
    SF氏にはまりコの父親と似てるところがけっこうあるのです。
    西部劇が好きだとか、
    映画とか番組を録りためて几帳面にライブラリにしちゃうとことか
    やたら「昔の映画や音楽はよかった」って懐古趣味なとことか
    うんちく好きなとことか
    自分の常識=世の普遍の常識だと思ってるところとか、
    エトセトラ、エトセトラ。
    びっくりだね。
    どんだけファザコンなんだまりコ!

    もちろんぜんぜんちがうところもたくさんあって、
    父親は日常生活でジョークを言うと怒る人だったけど
    SF氏は生まれが上方なせいか、
    いちいちしゃべることがおもしろくて大好きだ。
    たぶんそこにホレたんじゃないかって気がするよ、わし。
    うふ


    でもいちばん違うところは
    お酒をやらないことなのね。
    たしなむ程度にしか飲まない。
    飲めない、というほうがただしいかな。
    家族にアルコール依存症の人間がいるとどうなるかは
    家族にアルコール依存症の人がいたひとじゃないとわからないので
    クドクド説明しませんけど
    まあとにかくまりコにとって
    酒に飲まれた父親の姿はトラウマです。
    24時間お酒がきらせなくなって無断欠勤してたころ
    トイレから何十分もでてこなくて
    いいかげん自分達が入りたいからそっとトイレのドアをあけたら
    赤黒い顔で便器のそばに崩折れて寝てて
    ほんと、なんど
    「このまま二度と起きないでくれたら・・・」
    と思ったことか。
    まぁこっちが子供だったから殺意はなかったけどさ。

    ところがですねぇ、さいきん思い出すのは
    お酒でぐずぐずだった晩年ではなくて
    そのまえのことなのね。
    大きな父親の手の小指をにぎって近所を散歩したこととか、
    風邪をひいて寝込んだときに枕元で「元気出せ~」と笑ってくれたこととか。
    あとね、残業で遅くなる日は先に寝てないと怒られるので
    弟と二人で寝たふりしてたりしたもんなんだが
    そうするとよく、ふとんをかけなおしてくれたりしてました。
    100519r.jpg
    ふだん、ほめられたりなでられたりしたことがなかったので
    あれはびっくりだったなぁ・・・
    不器用なひとだったんでしょうね。
    きっと、父もさびしかったんだろうな。
    と、いまなら思える。





    いえね、
    いまめちゃくちゃにノドが痛いのですよ。
    熱っぽいのですよ。
    関節ダルダルなのですよ。
    ゆうべも寝苦しくって輾転反側してたもんで
    何度もSF氏を起こしてしまってまたぞろ
    100519-2.jpg
    とかしてくれて
    うれしかったのでごじゃります。
    うっふふふ。




    それでちょっくら父親のことを思い出したよ
    というおはなし。






    ひるがえってわたしはなにかSF氏の役に立ってるのかはなはだギモンだ(汗
    $みずたまりコのSFにっき ときどき猫とかチェロのこと

    コメント

    1 ■無題

    あらら、悪化しちゃったんですね。

    お大事に!

    それにしても、

    好きになる人は父親に似てるのか?

    昔は、あえて似てない人がいいと思ってたけど
    最近は、根本的なところは
    父親みたいな人がいいかも?
    って思ってるのは内緒です( ´艸`)

    2 ■酒乱はわからないけれども、確かにコマルな

    時間が経って大人になって、それなりに父親の事を色んな角度から見ることが出来るようになったのですね。

    依存症ってほんと、鬼がついたみたいになるらしいですね。ソレを考えると頭がいっぱい。本人もやりたくないのにやっちゃっているのかもです。

    ヒドいって思うことがあっても、その人のすべてがイケナイわけじゃあないですからね。思い出でしたらよい部分を多めに思い出せるといいですね☆
    • [2010/05/19 23:43]
    • URL |
    • GURU KAGENARI(ぐる かげなり)
    • [ 編集 ]
    • TOP ↑

    3 ■無題

    ああ、そういうことってありますね。
    私も父親が好きではなかった、というか嫌いでしたが、
    好きになった人が父親に似ていることはありますね。
    もっと違う接し方ができたのではないかと、
    父の夢を見た朝なんかに思うことがあります。

    喉の痛みが早く治りますように。お大事に☆

    4 ■>あぬさん

    あざっす!
    でもますます悪化してマス!^^;;;
    熱が出てきたから、そろそろ治るだろう、
    と思いながらブログかいてて夜更かし。

    そーいえばあぬさんのダンナさまの話題って
    まだ拝読してないですよね。
    どんなかたなのかしらん♪

    5 ■>かげさま

    すこしはオトナになったとゆーことなのでしょうね。
    いなくなってはじめてわかるありがたさ、
    なのかもしれませんが・・・(汗

    6 ■>CATさん

    そっかー、似てることってあるもんなんですね。
    いまだにファザコン卒業できてないのかと思って
    ちょっぴりどきどきしてました^^;
    お見舞いあざっす!

    7 ■無題

    あら、私なんかモロなファザコンですよ。
    周りからはオシャベリな人が合うと言われても
    無口な人にひかれちゃうし(蓋を開けたらおしゃべりだったというところも)
    仕事に一生懸命すぎて寂しくても、職人並の働き者は大好きだしねぇ・・・

    子供の頃、父親が酔っ払ってぶっ倒れたとたんにガラス窓を突き破ったのには驚いたけど、
    自分で翌朝片付けていたのはなんかかわいかったよ。

    8 ■>にぶちゃん

    お。ここにもファザコン同志がいた♪
    そんな珍しいことじゃないんだね~(^_^)

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。