まどマギ新編コンサート行ってきた(ネタバレありマス) 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    東京芸術劇場行ってきたです。
    もっぱら自分用の感想メモ書きです。

    総評:
    音楽の完成度についてはかなり???マーク・・・
    最後に野中藍さんがしゃべってくれたからチケット代分は回収できた気分。

    各曲:
    once we were チェレスタの音色でいい感じに幕が開けたと思った。じっさいこの曲はよかった。
    nightmare ballet 全体にこーゆーもともとオーケストラ楽器の曲は安心して聴けたけど、配置のせいか席のせいかわからないけどピッコロが遅れて聞こえて気持ち悪かったのが残念
    Scaena felix なんかギターとピアノの音色がハマらなくて気持ち悪かった。チューニングちゃんとピアノに合わせた?コレ。
    Postmeridie こんなに元気な曲なんだけど、フルートが遅れ気味に聞こえてきて推進力がないというか、ぜんぜんノリがわるかった。3階席だったせいかなあ。
    nothing special, but so special チェレスタもハープもとってもよかったんだけど、ソロ奏者にあてるスポットライト、遅すぎね?ワザとなのか?
    nightmare!!このへんからだんだんパーカスのアンバランスさがめだってきたっていうか、バランスがわるくて折角の曲アレンジを壊しちゃってる感じがざんねん。
    Holly Quintet ぜんたいに映画のシーンが目に浮かぶくらいの曲が少なかったのが残念だけど、この曲は目に浮かんだね。
    one for all 弦が完全に音量負けしちゃってメロディーがわかんなかった(曲は知ってるから心のなかでは流れてるんだけど)ぜんたいにパーカスの音をあんなにPAでださなくてよかったんじゃないかなって思う。
    the battle is over チェロのソロ、サイコー!でもこれこそPAでもっと聴かせてほしかったよ
    something, everything is wrong きたよ!アコーディオン!ステキ!でもここでもパーカスがうるさすぎるんだ・・・前半の飛行船の音は小さすぎてよくわからなかったし・・・
    face the truth 好みなのかもしれないけれど、今日のフルートさんはとにかくもたつくというか引っ張ってくれないというか・・・・ほむらの切実な気持ちがぜんぜん伝わってこないのが残念
    doubt #2 私が一番好きな曲だって言うのもあるけど、弦楽三重奏、ステキだった!これはむしろサントラよりもバランスよかったし!ただトライアングルがもっといきおいよく入ってくれるとメリハリついてよかったのに。
    gonna fight with me パーカスのうるささがこの曲ではむしろプラスに効いてよかった。
    her decision 曲としてなりたってたか微妙だけど、生楽器で再現しよーっちゅー心意気に努力賞だとおもう。
    pulling my own weight 手で叩くパーカス(楽器のなまえわかんない)が新鮮でリズム感あって気持ちよかった。でもチェロの音量がピアノに負けちゃってるせいで重厚感が半減。残念だった。ピアノ、おもいっきし蓋あけてあったしね。。。
    another episode あいかわらずパーカスうるさいしフルートが弦より遅れ気味ですっきりしなかった。ピアノとチェレスタを合唱の前にして、木管を弦の真後ろにおいたほうがよかったんじゃないのかなあ・・・
    dream world 後半はわりとまとまりがよかった。この曲もそう。合唱と弦のかけあいも気持ちよく聴けたし。
    never leave you alone フルートばかり悪く言ってイヤなんだけど、なんていうかこうまどかのやさしさみたいなのをもっと朗々とうたうとこだとおもうのになんか及び腰なのよ。音色が。これじゃほむらが「このまどか、だれかが用意した偽物じゃね?」とか言い出しそう。
    this is the truth パーカスのエコーが丁寧に演奏されてて緊張感があってよかった
    frame of despair 時計の鐘の音からはじまる演出よかったし。現実が指からこぼれ落ちていくようなピチカートのリズムもよかったし。
    you are here エレキベース、カッコよかったです~
    Noi! 合唱に編曲する必要なかったよね、これ。志村けんの「ナンダバカヤロー」みたいにヘンになっちゃってて笑いそうになったっつーか、悲しかった。映画がだいなし。
    the worst ending ギター、出落ちした?っていいたくなるくらいさいしょのインパクトなくて残念だった。編曲のせい?
    theater of a witch ブザー音の演出よかったんだけど、ちょっと長すぎ。こーゆー曲間は映画のテンポ感をくずさないほうがいいと思った。演奏順を踏襲するくらいなんだから。
    I cursed myself バイオリンとチェロのソロの掛け合いが楽しみだったけど、やっぱりパーカスがうるさすぎてメロディーにのれないっていうか、入り込めないっていうか。打ち込みの再現にこだわり過ぎちゃったのかな、今回の公演。
    misterioso この曲もアタッカで入って欲しかった。なんだろ、私がオペラをやってるからそう思うだけかなあ。曲間でもたついて折角入りかけてた気持ちがブツ切りにされたことがなんかいもあったよ。
    wings of relief ハープはとってもステキなんですけども、なんでかフルートが遅れて聞こえる。ほむらを迎えにきたまどかがしゃっくりしてるみたいで気持ち悪い。
    I was waiting for this moment スローテンポが新鮮!スネアとバスドラがうるさかったけどコーラスの醸し出す荘厳さはオッケだったなー
    her new wings 後半の荘厳な部分、まどマギの空気感を代表するよーでいちばん好きな部分なんですけども、それをコーラスで再現したのはステキだった!これがなかったらアンケートの「不満だった」にマルするとこだったよ。
    solve the riddle これは残念ながらよくわからない曲になっちゃってたな~。これも打ち込みを再現しようとしすぎてメロディーがおざなりにされちゃったような・・・
    I think this world is precious ストバイとチェロのソロがやっぱりピアノの音量に負けちゃってるんだけど、このへんはスタジオ録音にはやっぱり敵わないって、そーゆことなのか?
    not yet ピチカートとアコーディオンのかけあいよかったなあ・・・ベルもピタっとはいって気持ちよかったし。だから配置のせいだけじゃない気がするけど・・・・

    感想:
    オーケストレーションで編曲がかかるのはわかってたし、打ち込みの音を再現しきれずにヘンになるのもまあ試みだとおもってそれはそれでいいんだけれど、どうしても頭にはオリジナルがあるから比べちゃう。だからいっそ「編曲してます」ていうくらい違う方がいいのかもしれない。そういう意味ではワル響のほうがいいのかも。
    それにしてもなんかこう、音に推進力が乏しい楽器が多かった気がするのは、指揮者のそーゆー意向なのか個々の演奏者のクセなのか・・・・
    うがった見方すると、「もともとアニメが好きで聴きに来る客がメインなんだから、普通のクラシックコンサートよりも音楽的完成度は低くてもオッケじゃね?」みたいにも見えて、なんかビジネスイズビジネスな空気が垣間見えたようで気持よくない。弾き込みがたりないっつーか・・・思い入れがたりないっつーか・・・
    なんか、ここまで傾倒してる作品のファンのひとりとしては残念なコンサートだったです。


    あとたいしたことじゃないけど、アンコール1曲目が終わったときに音鳴らしちゃったひといたね。ギターのあたりから。苦笑いしてるのが3階席からでも見えたけど、みなさんプロですよね?プロですよね?

    テーマ : 魔法少女まどか☆マギカ ジャンル : アニメ・コミック

    ハロウィンの仮装で魔法少女はアリか? 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    企業の販促イベントと化してここ10年ですっかり日本に定着した感のあるハロウィンですが
    そもそもなんの祭りなのか、さっぱり知らなかったんです。
    で、先週号モーニングの「鬼灯の冷徹」にあった
    「もともとケルト人のお盆に、祖霊といっしょにやってくる魑魅魍魎を、オバケの格好して追い払う」
    の説明で、仮装する由来がわかってかなりスッキリしたましたきょうこのごろ。
    だってハロウィンて謝肉祭だとばかりおもってたもんね、わし。

    若い頃はわりと
    「クリスチャンでもないのにクリスマスを祝うなどと無礼千万!」
    とかおもってたクチですが、だんだん
    『こういうイベントは何千年のうちにいろいろ混ざくってできたものだし』
    ってわかってきたもんで、べつにハロウィンの仮装の理由を知ってさいきんの日本の(少なくとも東京の)ハロウィン例年行事化に文句いいたわけではなくて
    「10月31日はハロウィンだから仮装パーティーする!なぜだかは知らん!訊くな!」
    とかいうよりは、謂われを知ってた方が、イベントに主体性がでて楽しさが増すとおもうんです、まろんは。

    このあいだね、会社で新人君が果物を剥こうとしてるとこを目撃したんだけど、刃物の使い方がほんっっっっっっとにこわいの。見てる方が。あの「親指で皮を送る」を知らないのね。よく切れる刃物だったら間違いなく血まみれになってそう。
    安全はそりゃ大切なんだけど、親とかメーカーサイドでなんでも先回りしてあげちゃうのってどうなんだろうね。親にもぶたれたことなかったら、その痛さはやっぱわからないのが人間じゃないですか。
    そんなことをつねづね思ってる身としては、道具どころかこーゆー祭りごとみたいな楽しみまでどんどんお仕着せが増えていってて、そんでそれを楽しむ人がどんどん増えているっていう事実は、なんかこう将来に禍根を残す気がするんです。
    まあ杞憂かもしれないけれど。

    ともあれ
    『物の怪が怖がってうちにこないよーにするために魔女とかオバケの格好しておどかすんであれば、魔女とか使い魔をやっつける魔法少女の格好をするのだってなんの問題やあらん』
    とゆー論理的帰結をみまして、つぎにパーティーにお呼ばれしたときにはこのままだともう一生日の目を見なくてもったいないことになりそうな杏子服を出して着てみたいゾとおもったわけなんですが、もんだいはその格好を見てすぐ「魔法少女!」と理解できる人がほとんどいないであろうということだな。
    っていうか魔法少女自体が和製なのか?もしかして。

    ワルプルギスの夜 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    このへんで書いた梶浦由記の映画音楽・・・・『魔法少女まどかマギカの曲を弾きましょう』っちゅーファンイベントが、いよいよ1月に実施で決定したそうなんです。




    参加者不足で一時は中止も視野にあったみたいなので、「やる」と決まってまろん的にはうれしいかぎり。
    いえね、これで中止とかになったら、きっとその次の東京公演にも影響して
    「もうやりません」
    とかになったらイヤだなあっておもっていたので。
    まろんの経験上たいていトラさんっつったら金管だったので
    「弦がたりない」
    などと珍しいことをいわれると
    「すわ!あたしがやらねば誰がやる!」
    と、なんどもおもったんですけども、
    とにかく尼崎の方までなんども往復するお金はひねりだせないし、夜行バスは何年か前に一度乗って懲りてる(体力的に)ので、祈る思いで見守っておったです。
    とはいえ当日の裏方スタッフだけでもしたいなあ。



    それが理由ではないのだけれど、東海道新幹線の
    『EXエクスプレス予約』
    っちゅー会員を申し込んだです。
    仕事でも帰省でもあそびにいくでも、やっぱり新幹線ラクチンです。
    猫を連れていくつごう、車のほうが気兼ねはいらない点ラクとはいえ、
    とくに関西まで車は、片道8時間とかいまのまろんとダーリンの体力(≒年齢)ではムリムリ。
    仕事もそんなに休めないし。
    それにしてもJRもさ、「ご家族での利用は2割引!」とか「家族割」的なきっぷなんかつくってくれたらもっと気楽に出かけるのにな。
    そう思ってるの、あたしだけじゃないんじゃないかなあ。

    テーマ : 魔法少女まどか☆マギカ ジャンル : アニメ・コミック

    コミケ行ってきた 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    昨日はコミケ行かれた方も行かれなかった方もべつに関係なかった方もオツカレサマでした。
    知らない方にも3人ほど買っていっていただけて、まろん感激の極みでありマス!
    鹿目家マンガはニッチってゆー自覚ありますけども、好きっていうかたがいらっしゃるとわかって元気百万倍です。
    いや、あんな内容でよかったのか不安ですけども・・・
    ていうか、そもそも創作エリアでアレを出すって便乗すぎでしょとか我ながらおもってはいるんですが、
    うぬ、サークルの主旨とのからみもあって、次回以降どうしたものか。

    それはともかく、相変わらずまどマギスキーなので、今回もしこたまその手の薄い本をあさってあるいたです。
    とはいえこのとおりヘンクツなワタクシだもんで、エロは言うまでもなくわりとキャッキャウフフな作品には食指が動かなくてですね、どっちかというとホムホムワールドの考察とかマミベベ出会い経緯とかそーゆー路線が好きですね。
    まぁどっちにしてもオタクなんですけども。
    あ、今年は一般参加も行きましてですね、いつもコミック系行かないのでワクワクしながら鬼灯コーナー行ったんですけども、ほぼぜんぶR18でまろん的には残念だったです。私がトシくっただけかしらん。
    いや、♂×♂なら華奢同士よりもマッチョ同士のほうがとか・・・ゲフンゲフンッ


    DSC_0092.jpg
    会場にこんなのが置いてあったです。いつのまにか郵便局に~タン的なキャラがいたんですね。ぜひ全車両こんなイタ車仕様にして、年賀状ノルマとかいう前世紀の遺物みたいな習慣を一掃していただきたいものであるよ。


    ちょっくらせんでん 

    カテゴリ:ヲタク雑記

    今日も出勤まりコです。こんばんわ。
    ハタ日?なにそれおいしいの?

    まりコがときどき挿絵を描かせていただいてる月夜眠(つきよみ)さんがですね、
    pixivで幻冬舎小説新人賞っちゅーのに投稿したそうなのでごしょうかいです。
    「エンゼルソードに花束を!」/「月夜眠」の小説 [pixiv]
    コミケのたびに新作チェックしてる同人作家さんはなんにんかいるんですけども
    氏の作品はわりとぱぱっと情景が浮かびやすい文体で好きです。
    今回のはちょっくら近未来SF要素もはいっててまりコ的にもおもしろかったです。国家設定がバトルロワイヤルをほうふつとさせるネーミングで一瞬『え?そっち方面?』とびっくりしましたけれどもそうではなくて、「エアフォースワン」の冒頭シーンみたいな突入劇と、月夜眠さんがよく使う性転換ネタがうまくまぜあわせてあって、ちょっと長めですけれどもささーっと楽しめたです。
    逆にこの尺の割に登場人物が多いのがちょっとわかりづらいかもっていうところが難点かな。


    ううう、あたしも描きかけのイラストとマンガがふたつずつあるんですけども
    なかなか時間がさけないなあ・・・・
    仕事うっちゃって1週間くらいお絵かきしてたいなあ・・・・


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.