スポンサーサイト 

    カテゴリ:スポンサー広告

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2020東京 

    カテゴリ:町工場女的日記

    あまのじゃくな性格なので
    世間が「オリンピック!」と騒げば騒ぐほど無関心だったんですけども
    そーですか、決まりましたか、東京五輪2020。

    スポーツ観戦というとプロ野球より高校野球が好きなんです。
    Jリーグよりワールドカップなんです。
    まりコはスポーツオンチなので競技そのもののすごさはちんぷんかんぷんだもんで、
    絶対とれないとわかっていてもボールを追っかける、
    あーゆー高校球児のガッツに心打たれます。
    そーゆー意味では、あまりにもいまどきのオリンピックは科学的な要素がはいりすぎてしまって
    クツの軽さとか水着の抵抗の少なさとか高地でのトレーニング技術とか
    支援する側のリクツが前面に出過ぎちゃって理系のまりコはちっとも「見たい」と思えない。
    競技に高校球児のようなひたむきさが感じられない。
    で、おもうにその背景にはアトランタあたりからこっち意図的になった商用主義があって
    それはそれで政治利用色を薄めたという業績はあるのだけれど
    ちょっとまえからの日本の地上局と似ている部分があって
    オリンピックにとってのお客が、観客や選手ではなくスポンサーになってしまった。
    (その点、コミケのすごいところは、準備会がまったく前面にでてこずスポンサーもいなくて
    あくまでも主役はサークルおよび一般参加者だというところだとおもうんですけども。)

    んー、あたしがオトナになってしまっただけなのかな。
    『会社員』などとゆーお金と理念のはざまの日々を送る身分としては
    おなじよーなニオイのするイベントが日本で行われるからって
    うさんくさすぎて素直によろこべない。
    64年大会のとき、首都高や新幹線を完成させたように、
    イデオロギーの象徴という側面のほうが、
    「国民に夢をあたえる」いう点ではより現実的だとおもう。
    成田遠すぎ。首都高事故多すぎ。東京の夏暑すぎ。
    むしろそういうほうに期待する。
    スポーツ選手が汗水垂らす姿だけみても、
    だれもお腹は膨らまないもんね。
    だいたいさいきん軽々しく使われすぎだよ
    「感動」
    っていうコトバ。
    そんなにわしら、日常感動に飢えてるのか?

    さいきん、
    「いまの生活では地球一個じゃ足りません。身の丈にあったせいかつしようよ」
    とJC協賛の広告が打たれてるのを見かけて
    それはそれで一理あるとは思うけど、
    だからこそ宇宙にでていこうというのは、ただのSFヲタクな妄想ではないとおもうんです。
    多摩丘陵を切り開いて、失ったものもたくさんあったけれど
    かわりにこんなに世の中べんりになって
    シロウトでも音楽や動画を発表したり、
    子供でも容易にスポーツ用具を手に入れられるよーになった。
    電車は定刻にやってくるし、嵐がきても停電はおきない。
    冷蔵庫がカラの日に終電で帰るハメになっても
    コンビニに行けば食べ物が手に入る。

    せっかくきまった東京オリンピックは
    そーゆー方向にいかしたいなあとか、
    2020年のわしとダーリンのトシを考えながらおもった今日でございます。



    20130831_120048_20130908173623461.jpg
    先日のコミケで買った猫のピアス。ダイとチビ似。
    ほんぶんとは関係ありません。

    ひとりごとです 

    カテゴリ:町工場女的日記

    今日もかんっぜんにオチがないので予めごりょうしょうくださいなんですけども。

    私は自分のことをしょっちゅう立ち止まっては顧みるタイプだとおもってて
    なんていうか、食べ物にたとえると
    『常に新しいお店をさがして新しい味に出会い続ける』
    というタイプではなくて
    『一度「おいしい」と思ったら飽きるまでなんどでも通ってしゃぶりつくす』
    とゆータイプ。
    映画とか服とかもおなじで、つぎつぎ沢山見たり買ったりできなくて
    いちいち「ああ、いいなあ」と
    なんどもなんども見返したりして味わわないと
    文字通り消化不良なきぶんでスッキリしない。

    それはそれでじぶんの長所だとおもってるけど、
    反面代謝不良の原因でもあるので問題だともおもってる。
    たとえば
    ダーリンがせっかく「これうまいぞ」って彼の好きな珍味をすすめてくれても
    友だちが「これ面白いから見てみて」ってアニメをすすめてくれても
    部下が「こういうアイデアどうでしょう」って言ってくれても
    すでにお腹がいっぱいなので
    「ふむふむ、どうかなあ」とチャレンジしてみる気になれない。
    よくない。じつによくない。
    ものすごい機会損失だ。
    いちばんよくないのは、その
    「いえ、もうわたしお腹いっぱいなので奨めないで下さい」
    って顔にでちゃうことだと思ってる。

    あるいは、こういうことを落ち着いて逡巡する時間が減ったことが
    最近のじぶんのいちばんの問題かもしれないなあと思ったりもする。





    だからオチはないデスよw




    p.s.これからSF氏のことを「ダーリン」と書いてみることにしたです。はじめは「オット」と書いてみたんですがなんかありがたみに乏しいので。以前ブログで自分のことを「みずた」から「まりコ」と書くようにしたときくらいに恥ずかしいんですけども。ウェヒヒヒ。

    ちゅうごく見聞録 

    カテゴリ:町工場女的日記

    リアルに上海ちかくの町にきてます。
    下関と津軽海峡をふくめても、海を渡ることじたい人生で10回もないまりコでして
    いわんや中国なんぞ初次來到なので
    みるもの聞くものおもしろすぎてのうみそがオーバーロードです。

     スーパーのレジでは品物をかごに投げ入れられるし。おつりをぐしゃっと渡されるし。
     ホテルはスイートなのに窓の鍵こわれてるし。
     食事中の私たちのとなりでテーブルを片付けているボーイが目の前でテーブルクロスを床になげて集めてたり。
     朝食バイキングでおかゆをすくおうと思ったらおたまがなくて、「どこ?」と聞いたら持って来てくれたんだけど、
    私に渡さないでおかゆのおなべに沈んでいたもともとのを拾い上げて立ち去って行ったり。
     バスもタクシーも運転手のクラクションの鳴らし方ハンパないし。
     どこのレストランでもお姉さんはめんどくさそうな顔してるしなに聞いてもめんどくさそうに答えるし。

    と、ヘンなとこばっかり書き連ねましたが、
    すごいところはマジすごいとおもうんです。
    現地で知り合った台湾人に
    「ひとことでいうと中国人は利己的過ぎていけないとおもうが、あなたはどう思うか」
    と聞かれたんです。
    それはそのとおりだとおもうんですけども、でもだからこそいまのような
    誰もが気を使いあって三すくみの時代には
    「とりあえずやっちまえ」
    ができてすごいんだとおもうんです。
    とにかく、バイタリティーにあふれてる。
    ぬるま湯につかってないっていうか、大陸の厳しい自然のなかで生きているなっていうか。
    それはアメリカとかアフリカとか中東もそうなのかもしれないけれど。

    なんていうか、ここ10年位の日本って
    政党どうしのこきおろしあいとか、市役所職員のタトゥーの是非とか、
    放射能はこんなに危険なんだとか、日本の家電業界は負け組みになったんだとか
    人のやってることにケチつけていばっている話題が多いように感じられるです。
    それはけしてテレビや雑誌だけの話ではなくて、
    省みるとじぶんや、じぶんのまわり(仕事友人ご近所ぜんぶ)にも見受けられると思うです。
    人がダメなことを指摘するのはとってもカンタンじゃないですか。
    だからこそそうではなく
    「それよりももっとステキなことをやってみせよう!」
    といえるひとに、まずは自分からなっていきたいなとおもわずにいられない。
    けして「中国をみならおう」などとは思わないけれど
    地球や宇宙や大自然といった、人智のおよばない中にいる以上
    やっぱり運動会の徒競走は、
    「みんなで手をつないでゴール」
    では、生きて行かれないよなーって
    改めておもいました。


    なんか、かたくるしい記事でスミマセン。。。
    それにしても、早く日本に帰って納豆ごはんが食べたいよう・・・





    P1000265_20120701105510.jpg
    街中の食堂ででてきた食器は、専門の業者が消毒してラップしてる。
    こーゆーのが普通なんだそうですね。
    そしてさらに客が、これを熱湯ですすぐことになっていて、
    すすぐ専用のお湯がポットででてくる。
    地元の中国人がそうするくらいなので
    私がやらなかったら間違いなくおなかを壊すとおもわれる。
    そんなことしなくて大丈夫な日本って、すごい国なんだなあ。。。。


    P1000259.jpg
    訪問した会社の事務所に張ってあった標語。
    1.自らすすんで行動しよう
    2.さいしょからおわりまでぜんぶやろう
    3.大事でないしごとなどない
    4.ウィン・ウィンの関係で
    5.相手のことを考えて自分の仕事をしよう
    7.つねに変わり続けよう
    というような意味だそうですよ。
    (6はわかんなかったです。)
    実際それなり立派な会社でなのです。
    この両極端さもかの国の特徴なんでしょうか。


    P1000268.jpg
    地域主催の催事にて。
    いえ、どこにも「サンリオ」の文字は見当たらなかったヨw


    P1000260.jpg
    たまたまみかけた警察車両
    特に意味はないけど、なんか「攻殻機動隊」の映画っぽかったので撮ってみたですw

    あれから1年ですね 

    カテゴリ:町工場女的日記

    どうもこんばんわ、まりコです。
    いっこうに更新しなくてスミマセン。
    それでも読みに来てくださるかたには
    わたしなんぞを忘れずにいてくださって
    ほんとうにありがとうございマス(涙

    誤解をおそれずに書きますと、
    このブログの更新が滞りがちなのは
    これ以外にやりたいことがたくさんできたからにほかならないんですけども、
    わたしのばあい、人生でいちばんノリノリの三十代のときに
    抗うつ剤がひつようなくらいヘタレてたもんですから
    われながらうざったいくらいにあれもこれもやりたいこの精神状態は
    「あのときの機会損失をとっかえしたる!」
    とゆー反動なのかなと自己分析しとるです。

    この1月からはじめた中国語の勉強も、
    きっかけは仕事上のひつようからなんですけども
    もしあの大震災がなかったら、
    じぶんはここまでアグレッシブでなかったろうとおもうのです。
    先月、しごとで台湾に1週間ほど行ったんですけども
    そのまえのタイ滞在のときもそうでしたけど
    みんなふつうに「ワンピース」を知ってたり、
    「日本のアニメが好きだから日本語覚えた」
    っていうひとがごろごろいたり、
    走ってるクルマが日本車だらけだとか、
    CNNとかBBCでトヨタのリコール問題をなんかいもやってたり
    台湾高鉄っていう電車なんて、乗ってるとほんと
    新幹線にのってるような錯覚しちゃうくらい
    なんていうか、
    「うは、日本て、すごいんじゃん」
    なんて、間抜けな感想をもっちゃったんですよ。
    でも、走ってる車はみんな右側通行だし交差点に信号がなかったりするし
    街中は食べ物屋だらけだったり、見たことも聞いたこともないお祭りやってたり
    そもそも聞こえてくる言葉がぜんぶ外国語だし、
    あきらかに日本じゃないわけじゃないですか。
    つまりなにがいいたいかっていうと、
    『世界って、ひろいんだな』
    と。

    震災のまえ、TPPで大騒ぎでしたけど、まりコは
    「黒船がきたときの幕府もこんなだったのかな」
    とかおもわずにいられなかったです。
    個人的には、この人口減少局面の国にあって海外との分業体制をつくろうとしないなんてアほちゃうか
    と思ってるので
    「弱者切捨てだ!」と言われても全体利益最大化で誰かがイニシアチブ取らないと
    まとまるものもまとまらないとおもったです。
    で、そーゆーことしようとするとよく国会では
    「議論を尽くしてない」
    とか言って結論がでないわけですけども
    端的なハナシ、津波や放射能漏れなんかは
    議論が尽くされるとやらを待ってはくれないわけじゃないですか。
    そのあともマスコミとか東電にたてつづけにげんなりさせられたわけなんですけども
    でも、ですよ。
    世界は広いんだな、と。

    自分も少子化に貢献しちゃってるひとりなのでハッキリ言っちゃうと
    人口が減少局面になる原因は
    社会制度とか食料とかの物理的な原因ではなくて
    その時代を支えているマイノリティのメンタルが支配的なんではないかとおもうのです。
    よくも悪くもいまが充足してるからわりとリアリストで、
    あまり先のことも考えず、心配もせず、
    いまでこそ
    「はやくSF氏がヨメにもらってくれないかなあ・・・」
    なんてことおもってますけど、5,6年前は本気で「生涯独身」って決めてたし。

    あああ、ダメだ、なんか考えを文章におとすのがヘタになったなあ。
    なんしろ、わりとこんなふうなこと考えてたら
    くちさきばっかりじゃなくて少しでも世間様の役にたつことしたいなあと、
    そのために「みずたまりコのなまえでコミケにでよう!」とおもったんですとか、
    もっと外国とお仕事できるようになってみたくなったりしたと
    そーゆーわけでございます。
    いえ、だからってやってることはほんとぜんぜんごらんのとーりのレベルのイラストだったり
    中国語ったって「でぃすいずあぺん」レベルだったりですけれども
    なにごとにもはじめはあるし、志は高くもちたい(どうせそこまでは行けないんだから)ので
    こちらのブログもとうぶん方向性不明な感じがつづくかもしれませんが
    そーゆーりゆうなんですスンマセン、
    という言い訳の記事ですすみません。。。。


    ていうかこのテンプレート自作なんですけども
    われながら見にくいぞこれ(#゚Д゚)

    おめでとうございマス 

    カテゴリ:町工場女的日記

    おそまきながらあけましておめでとうございます。
    年が明けたら生まれて初めての海外出張が降って湧いてきて
    動揺しまくりなまりコです。
    こんばんは。

    まあまだ来月のハナシなんですけども、
    とりあえずディスカバリチャンネルでよくCMやってる
    "Rosetta Stone"
    やることにしたです。
    中国語もあるし。
    っつーか、マンツーマンの英会話教室とか授業料高すぎて手が出せないもんね。



    いえもちろん通訳はいるんですけども
    仕事の話はともかく、
    世間バナシくらいじぶんでしたいじゃん。

    まりコの会社では海外販路開拓がマイブームでして、
    だってほら過疎の農村だってブランド作って都市に作物売るじだいじゃないですか。
    適者生存、20世紀のじょーしきに固執してたら
    今の若い人たちに顔向けできんではなイカ。
    だいたいが国債はっこうしすぎだよね。。。


    というわけで、年初から「まりこエレガント化計画」頓挫のくもゆきですが、
    このブログは去年よりは更新頻度たかめで
    ますますテーマ不詳でだらーとやっていこうとおもってますんで
    どうか、ぬくい目でお見守りくださいませ。
    2012年賀SF

    2011年はたくさんの悲しいこと、つらいことがおきましたけれども
    だからこそ気づけたことがたくさんありました。
    『感謝の気持ちをもってすすめば人間楽しく生きていけるもんだ』
    みたいなことを子供のことなんかの本で読んだおぼえがあるですが、
    まあつまりそーゆーことなのかなと、
    せんじんがたは偉大だなあとおもうわけで、
    生も死も、すべてひっくるめて
    困難のなかでもきらりと光る幸せを感じられる、そういう人生をおくりたいなぁ。
    そんで、
    人生って、そんなふうに楽しいよって、
    身をもって子供たちに示せるオトナになりたいなあ、
    と、もう不惑のトシですが、おもってるです。
    わしらはもう子供をもうけられないからさ。
    あ、くしんきくさいこと書いてすんません。


    今年もみなさまにとって充実した、すばらしい一年となりますように。


    Powered by FC2 Blog

    Copyright © まろん工房 All Rights Reserved.
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。